プリリジーで1UP!

プリリジーは日本のみならず世界中で愛用されている早漏改善薬です。世界中で使用されているということは安全で効果が期待できます。プリリジーを使って普段とは違った一面をパートナーに見せてはいかがでしょうか?

早漏で悩んでいる男性

プリリジーのジェネリックは安全でお墨付き

プリリジーにはジェネリックもあり、同様の効果が期待できます。
そもそも同様のダポキセチンを主成分とするので、効果が同じなのは当然のことです。
持続力は3倍くらいに延びてくれるので、落ち着いてSEXにのぞむことができます。
持続時間が短くなってしまうと、射精感にも影響が出てくることがあります。
射精時に十分な快感を得るためには、5~10分以上は挿入したいものです。
すぐに射精すると精液量が少なくなりますし、女性の満足感も弱くなってしまうでしょう。
プリリジーを愛用している方には、早漏に悩んでいない方もいるのです。
服用しないで15分持続する方は決して早漏ではありません。
そうした方が服用すると、45分~1時間以上の持続が可能となります。
女性がオーガズムを感じるまでに時間がかかるなら、男性としてもそこに合わせていきたいものです。
同時にオーガズムを感じるのがベストなので、女性の反応を見ながら調整していくのが好ましいでしょう。
プリリジーを服用した方は、匂いに対して敏感になるケースも多々あり、女性器の匂いに特に敏感になる方が多いようです。
嘔吐感を覚えてしまう男性もいるので、そうした方は食前に服用したほうが好ましいでしょう。
プリリジーは食前・食後に関係なく効いてくれますが、嘔吐感を伴う場合は食後は好ましくありません。
特に食べすぎたあとに服用すると、嘔吐感が強まってしまう可能性があります。
ジェネリックを服用する方もプリリジーの場合と注意点は同じであり、効果が強すぎると感じる場合は半錠にするなど工夫しましょう。
半錠にすることで副作用も弱くなり、嘔吐感を覚えなくなる方もいます。
適量は人により異なるので、最大用量を超えない範囲で調整していきましょう。

プリリジーとED治療薬の併用

早漏治療に用いられるプリリジーは、ED治療薬と併用することも可能です。
じつはEDに悩んでいる人の中には、早漏の症状も感じている人が一定割合で含まれています。
その数はED患者のおよそ3割程度という調査報告もあり、これは決して無視できない数字です。
ED患者が早漏になるのはいくつかの原因が考えられますが、EDの症状が現れるのを恐れるあまり、無意識に射精を急いでしまうことや、より高い性的刺激を求めるようになって射精が早くなってしまうなどの説があります。
ED気味になってから早漏になったという人は、これらが原因となっている可能性が十分あるでしょう。
ですからこのようなケースでは、ED治療薬と早漏改善薬であるプリリジーの併用が有効になります。
ただしプリリジーにもED治療薬にも副作用は存在します。両方の薬を併用することで、これらの副作用が通常よりも強く出てしまう可能性は否定できません。
併用が禁止されているわけではないのですが、多少のリスクがあるということは念頭にしておいたほうがいいでしょう。
またすでに何らかの既往症があり、それらの治療のために別の薬を服用している人は、プリリジーやED治療薬を飲むと身体に重大な影響がでてしまう可能性もあります。
薬の飲み合わせなどについては専門的な知識が不可欠となりますので、自己判断をせずに医師に相談することが大切です。
なおプリリジーやED治療薬は、ネット上の薬の通販サイトや個人輸入代行業者を通じて簡単に購入することができます。
医療機関へ行かなくても薬を手に入れることができるの非常に便利ですが、あくまでも自己責任での使用になりますので、慎重に検討してから購入することが必要です。

プリリジーの効果の発現時間

性行為に至るまでの数時間前に服用するのが適していますので、2、3時間で発現する医薬品です。
ホテルに入ったときに服用するのでは遅すぎますし、食事をしている時では早すぎるような気もして、なかなかタイミングが難しいですが、それを見つけて服用してください。
ちなみにプリリジーは服用に食事の有無などありませんので、好きなときに服用しても構いません。
男性の早漏についてパートナーが知っていることが一番好ましい関係であり、その状態であればプリリジーの服用もあまり気にならないはずですが、すべての人がそういうわけにはいかない現実があります。
だからこそ服用するタイミングが難しいです。副作用が少ない医薬品としてプリリジーは有名ですが、それでも発症してしまう人がいます。
厄介なのが吐き気です。多くの場合デート後に性行為におよぶことが多いので、食事の前に服用するようなことがあると発言時間を迎えたとき、性行為どころではないこともあります。
また下痢等の胃腸に不調を抱えることもあることから、なかなかデートに釣り合わない副作用です。
個人差があり、副作用が少ない特徴を持っていますので、プリリジーを服用したときに、そのようなことが起きないように望むしかありません。
持続時間は約5時間ほど、個人差があるとしても3時間は持つとされています。
1回のベッドインで数回の性行為をするとしても、持続時間としては十分ですので、飽きるまで性行為に耽ることができるでしょう。
射精スピードが遅くなったことで、パートナーにも満足感を与えることができ、また自身も改善したことで優越感に浸れる大変ハッピーな医薬品になります。
ただし1日1回の服用になり。24時間以内の服用は避けてください。